ロジスティクス

物流倉庫 ロジスティクス

倉庫と運輸の両面でのデジタル活用が進むロジスティクスの世界。ヒトが行う作業が多いからこそ、人手不足に対応したソリューションが求めらえる一方で、抜本的なビジネスプロセス全体の最適化は難しいといわれる。ここでは、スマートロジスティクスの基本と事例について紹介する。

スマートロジスティクスとは

スマートロジスティクスは、主に「倉庫の管理」を行うためのものと、「輸送網を効率」的に行うものとに分かれる。

倉庫の管理を行うものとしては、ロボットや自動搬送機などを活用したもの、AVGと呼ばれる荷棚を動かすもの、ヒトによるピッキング作業を効率化し、ミスを少なくするもの、自動走行する搬送用機械(フォークリフトなども含む)、倉庫の設計システムやVR/ARなど、多岐にわたる。

また、輸送網については、トラックの自動走行や、トラックの状態管理、ドライバーの状態管理や、ラストワンマイルを解決するためのドローンなど、多くのテーマについて考える必要がある。

しかし、荷主や荷受け、倉庫管理者、物流業者などの様々なステークフォルダーが一つのモノを運ぶ役割を担っている現状、ビジネスプロセス全体を最適化し、人不足にも対応した、安価なロジスティクスを実現することは簡単ではない。

B2Cのロジスティクスにおいては、ECサイトの台頭で、荷物が飛躍的に増えている昨今、ビジネスプロセス横ぐしでの効率化が必須となる。

記事一覧

サトー・沖縄セルラー・KDDI総合研究所、RFIDラベルを活用した温度管理システムを植物工場のイチゴで運用開始

サトー・沖縄セルラー・KDDI総合研究所、RFIDラベルを活用した温度管理システムを植物工場のイチゴで運用開始

近年、食品輸送においては、鮮度の維持と品質劣化の防止のために、最適な温度下での輸送や保管を求めるニーズが高まっている。これまで、出荷時や物流業者の特定の中継点で商品の温度を計測する輸送管理は行われてきたが、出荷の時点から … Read more

三井不動産とパイクリスタル、有機半導体フィルムデバイスを活用した長距離物流過程の温度および振動を継続的に観測する実証実験を実施

三井不動産とパイクリスタル、有機半導体フィルムデバイスを活用した長距離物流過程の温度および振動を継続的に観測する実証実験を実施

近年、Eコマースが一般消費者にも身近になり、生鮮食品や医薬品などと取り扱い品目も拡大しており、より安心・安全な物流サービスが求められている。また、2021年6月からHACCPに沿った衛生管理への対応が完全に義務付けられる … Read more

アスクル、物流における複数の予測モデルを連携させるデータプラットフォーム「アスクル・シミュレータ」を発表

アスクル、物流における複数の予測モデルを連携させるデータプラットフォーム「アスクル・シミュレータ」を発表

アスクル株式会社は、物流における個々の予測モデルを連携したシミュレーションを実現する独自のデータプラットフォーム「アスクル・シミュレータ」を発表した。まずは、事業所向けサービスにおける非在庫品から在庫品への切り替えによる … Read more